HOME>注目記事>信頼のおけるお店を利用することで高値の取り引きも可能です

お店によって提示価格が違うことに注意

店舗

質屋さんとは、基本的に品物を預けお金を借りる所ですが、今では不要品を現金化する場と考えている人も多くなっています。どちらも現金を手にいれることになるのですから、高い金額になることを望むはずです。例えば高級バッグを池袋にあるお店に持ち込んだ時、片方では10万円の値が付いたことに対し、他のお店では12万円の値段が付いたとなれば、高いお店を利用することは当然のことになります。ですがこの値段とは、質屋の店主なり従業員が決めることになるので、お店選びが重要なことになるのです。高い値を付けてくれるお店は、最初から対応が違います。商品をあまり見ることなく、ただただ時間を要するお店は避けるようにするべきです。

リサイクルショップは違う職業

鑑定士

昭和の時代には、街のあちらこちらで見かけることが出来た質屋ですが、高度成長と共に所得が多くなり、利用する人が少なくなりました。そんな質屋の存在に打って変わって来たのが、リサイクルショップです。どちらも同じ商売と勘違いする人も多いと思われますが、この二つの職業には大きな違いがあるのです。まず池袋にあるような質屋は金融機関として成り立っていますが、リサイクルショップは古物商の扱いになります。似たような仕事をする所と思われていますが、質屋になる方が厳しい条件がつけられています。

金融業の登録です

店舗

池袋にある質屋の仕事は、お客様から品物を預かり、その商品の金額に似合った金額を貸し出すことです。消費者金融からお金を借りる時に、担保として時分の所持品を提供すると言うと考えて良いのでしょう。世間で言われる質流れ商品は、このお客様が期間までに預けた品物を買い戻すことが出来なかったものとなっています。ですが最近の傾向として、最初から現金化が目的で品物を預けるお客様が多くなって来ていることです。その点を考えると、リサイクルショップと似た感じを受けることになるかも知れません。

広告募集中